働く人を応援します。
現役世代を中心に医療を提供します。


理事長 井藤尚文

少子・超高齢化の到来した現在の日本において「現役世代」の果たすべき役割・責任は、ますます大きくなっています。

しかしながら、すべての源となる健康、そしてその健康を維持するための医療・介護の恩恵を、現役世代の人々が十分に享受できているとは言えません。

私ども斗南堂グループは平成2年4月、<働く人を応援します>をコンセプトとし、平日は夜9時まで、土・日曜日も診療を行う夜間診療所からスタートし、その後も時代のニーズを受け止め医療の提供を行ってまいりました。

理事長略歴
昭和61年 帝京大学医学部卒
昭和61年~
平成2年
帝京大学医学部付属病院第二外科
昭和63年~
平成2年
東京都老人医療センター
平成2年~
平成6年
板橋中央総合病院
平成6年 医療法人社団斗南堂八王子クリニック開院
平成17年 シルバーヒルズ八王子開設
八王子クリニック新町開院
現在に至る。

当院の医療・介護サービス

成人の3人に1人が罹っているにも拘らず、仕事や家庭の事情で休めない人のために、一般的には1週間から10日間の入院が必要である痔の手術に、レーザーメスによる「日帰り痔核根治手術」を開始。

仕事で責任ある立場の方、小さいお子様がいらっしゃる方など「病気になれない人」のために、最新鋭の医療機器(MRI、マルチスライスCT、電子内視鏡など)を使用し、死因の上位3位を占める、がん・心疾患・脳疾患の確定診断を行う「全身ドック」の実施。

高齢の親の面倒をなかなか見られない「忙しい人」のために、医療直結型・介護ステーション併設の高齢者マンション「シルバーヒルズ八王子」の開設。

これらの医療・介護サービスが、「現役世代」の皆様およびそのご家族に少しでもお役に立てたら、と思っております。

現役世代の一人として

私自身、長時間勤務の研修医・勤務医時代から現在に至るまで、現役世代の一人として正に「休めない」「病気になれない」「忙しい」日々を送っております。

そうした日々の源は健康であり、その健康を支える医療・介護サービスの提供が、私どもの使命であると考えております。

医療法人社団 斗南堂 理事長 井藤 尚文