肺がんの超早期発見に有効な「マルチスライスCT」

一般の肺がん検診の胸部レントゲン撮影では、早期病変の確認は難しいです。

肺がんの早期発見には「マルチスライスCT」が非常に有効です。また<タバコ病>と呼ばれるCOPD(=慢性閉塞性肺疾患)の評価も行ないます。

当院の「マルチスライスCT」では、3方向からの画像を再構成することで、格段に画像診断能力が上がり、レントゲンでは確認できない小さな病変の発見や超早期(5mm以下)の肺がんの確認が可能となります。

鼻からの内視鏡で苦しくない胃がん検査

現在、胃がんの診断で最も有効な検査が内視鏡検査です。

ところが口から行われる胃内視鏡は、挿入時の嘔吐反射で辛い・苦しいなど、まだまだ抵抗のある検査のひとつです。しかし当院では、鼻からスコープを挿入する「経鼻内視鏡」を導入しています。

また合わせて、胃の壁を傷つける細菌で、感染すると胃がんのリスクが5倍になると言われる<ピロリ菌>の検査も行っております。ピロリ菌は現在日本人の約半数以上、特に40歳以上の方に感染率が高いと言われています。

内視鏡検査とともにピロリ菌の存在を確認することで、胃がんの早期発見はもとより、胃がんの予防も可能になるのです。

大腸がんは内視鏡観察と同時にポリープ切除で予防

大腸がんは早期であればほぼ100%近く完治します。

しかし一般的には初期の大腸がんには自覚症状がほとんどなく、腹部の違和感など、日常的に起こる症状が多いため、そのうちに治るなどと自己判断しがちです。

大腸内視鏡検査では、臓器を直接観察するため診断精度も非常に高く、同時に悪性・がん化する可能性が高い<ポリープ>の切除を行うことができるので、大腸がんの予防につなげられます。

比較的苦痛を訴える検査だと言われている大腸内視鏡検査ですが、当院では検査時に鎮静剤を使用し、眠っている状態で検査を行なうため苦痛はありません。

「2人に1人」ががんになる時代……
ただし、早期発見により9割以上が治癒!

今や日本人の「2人に1人」ががんになり、「3人に1人」ががんで亡くなると言われています。がんは日本人における死因の最上位に位置しており、今後も増加していくと予想されている恐ろしい疾患です。

しかし現在は医療の発達により、早期に発見されれば9割以上が治癒する疾患でもあり、最大のポイントは、いかに早い段階でがんを見逃すことなく発見できるかということなのです。

がんドック コース比較・料金表