肺がんの超早期発見に有効。

がんの中で死因順位1位であり、早期発見が難しかった肺ガンの早期発見に有効です。
肺がんは、胃がんや大腸がんに比べて患者数は少ないですが、全がんの死因内訳では第1位です。その理由は胃がん、大腸がんに比べて早期発見が難しく、見つかった時には既に手遅れである場合が多いからです。

従来の胸部X線撮影では超早期の肺がんの発見は難しいとされており、肺がんの早期発見にはマルチスライスCTが非常に有効です。またタバコ病と呼ばれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の評価も行ないます。

X線撮影では写らない5mm以下の病変も発見。

一般の肺がん検診では、胸部レントゲン撮影を行います。しかし、通常のレントゲン検査では早期病変を確認することが難しく、発見された時にはすでに進行がんとなっており手遅れの場合も少なくありません。

マルチスライスCTでは多列化したことで格段に画像診断能力が上がり、レントゲンでは確認できない小さな病変の発見や早期のがんの確認が可能となります。 それにより、早期発見・早期治療に繋がり生存率もさらに高くなることが期待されます。

3方向からの画像で病変を見落としにくい!

3方向からの画像を再構成することで、より病変の見落としを防ぐことが出来ます。それにより、早期発見・早期治療に繋がり生存率もさらに高くなることが期待されます。

「肺がんの検査」をメニューに含むドックコースのご案内

先進医療機器を使用し全身を検査する人間ドックです。生活習慣病(メタボ)の診断から、心筋梗塞、脳卒中、そして、がんの9割を早期に発見します。全身を隈なく検査したい方にお勧めです。

マルチスライスCTを使用し、脳と心臓と肺を2時間半で検査します。超早期の肺がんや微小な脳動脈瘤を発見し、冠動脈CTで心筋梗塞を直接的な視点で予防します。突然死の予防に最適なコースです。

がんの早期発見に特化した人間ドックです。MRIやマルチスライスCT、電子内視鏡、エコーなどを各臓器別に組み合わせ、がんの9割を早期発見します。がんの予防に最強のコースです。