働き盛りの突然死のうち7割を占める心筋梗塞

心疾患は知らない間に進行し、重症化することが多い病気です。

自分が健康であると自覚している人も、心疾患の徴候が隠れている場合があります。とくに心筋梗塞は、働き盛りの突然死のうち7割を占めており、日本人の死因第2位でもあります。

さらに、そのうち3割は前兆のないまま発症し、そのまま死に至るといわれている危険な病気です。

心臓の状態を詳細画像で診断、心筋梗塞を予防

しかし現在では、心臓画像診断の進歩により、心臓の筋肉の形状や状態はもちろん、重要な冠動脈(心臓をとりまく血管)の動脈硬化まで明瞭に映しだすことができます。そのため、心臓発作は防ぐことのできない病気ではなくなりました。

当院の心臓ドックでは、心臓の状態を直接みて詳細に診断し、動脈硬化による心筋梗塞の初期段階をいち早く発見することで、今後進行しないように対策を立て心臓発作を予防することができます。

冠動脈CT撮影

心臓ドック コース比較・料金表