胃が痛む方

「胃が痛む」はどうして起こる?

胃の内側の壁にある筋肉細胞が、強い酸性の胃液の刺激を過剰に受けることで痛みを感じます。胃酸による痛みは、ストレスや疲れ、心配事などでも起こります。焼けるように痛んだり、ものを食べると痛む場合は胃の内部の腫瘍や炎症などが疑われ、胃がふくらんでお腹が突っ張るような不快な症状は、食べ過ぎによるものです。また胃の痛みだと思っていたら、実は心臓やほかの臓器の痛みだったということもあるので注意しましょう。

「胃が痛む」で考えられる病名、引き起こす病名

胃がん、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍、食道炎、狭心症、膵炎 など。

おすすめの検査項目・人間ドック

経鼻内視鏡検査

がん(癌)ドックコースでは経鼻内視鏡検査によって、胃・食道・十二指腸のがんを含む検査が可能です。 当院では嘔吐反射のない経鼻内視鏡を導入しています。嘔吐反射は下の根元である舌根を通ると起こる現象ですが、経鼻内視鏡はその舌根を通らないため、嘔吐反射が起こりにくくなっています。 経鼻内視鏡のスコープは従来の胃内視鏡の約半分の径(5.9mm)なので、鼻腔から挿入する事が可能です。よって検査中、口が塞がらないために医師との会話が可能となります。検査中いつでも医師に思いを伝えられるという安心感があります。

胃・食道がんドック 3大がんドック 全身がんドック

冠動脈CT

冠動脈CTによって、血管を直接観察する事で、心筋梗塞など心臓の病気の早期発見が可能です。
一般の健康診断などに含まれる心電図検査や胸部レントゲン検査では、心臓そのものを直接観察してみることができないため、これまで心疾患の早期発見は難しいことでした。しかし、現在では画像診断の進歩により、大がかりな検査をしなくとも心疾患の早期発見が可能になり、心臓画像診断(心臓MRI・心臓CT)では、心臓の筋肉の形状や状態はもちろん、重要な冠動脈(心臓をとりまく血管)の動脈硬化まで明瞭に映しだすことができます。

心臓ドック 症状一覧に戻る

手足がしびれる方

「急速なものわすれ」はどうして起こる?

骨折、打撲、捻挫などの外傷がないのに手足がしびれる、特に脚などの下半身を中心としたしびれがある場合は、腰痛や椎間板ヘルニアの可能性があります。それ以外は中枢神経や末梢神経の異常によるものが多く、肥満をともなう場合は、糖尿病性の神経障害、血管の炎症、血栓症、動脈硬化などの可能性もあるので、内科的な検査を受診しましょう。

「手足がしびれる」で考えられる病名、引き起こす病名

腰痛、椎間板ヘルニア、事故などによる後遺症、神経痛、糖尿病、血栓症、動脈硬化 など

おすすめの検査項目・人間ドック

腰椎MRI

頭部MRI検査によって、脳の血管を観察する事で、脳梗塞や脳出血などの脳の病気の早期発見が可能です。 当院の脳ドックは7種類の撮影方法(他院で行っている通常の脳ドックはMRIによる2~3種類)で脳の状態を詳しく調べ、脳動脈瘤・隠れ脳梗塞・隠れ脳出血・アルツハイマー病 など、脳のあらゆる病気を早期発見し、早期治療へと結びつけます。

脊椎(首・腰)ドックコース 症状一覧に戻る

胸やけがする方

「胸やけがする」はどうして起こる?

胸やけは胃の中に留まっているべき胃液が、食道と胃の境目の噴門を越えて食道に逆流し、食道の粘膜が酸性の胃液で焼けただれるように荒れることで起こります。食道と胃のさかいめには逆流しないような仕組みがあるのですが、太ってきたり、年をとってきたりするとこの働きが弱くなってしまうのです。また、食べ過ぎなどで胃の内部の圧があがることによっても食道への逆流が起こります。胃酸が出過ぎたり、食べてすぐ横になり、胃液が食道に逆流しやすい姿勢で寝ていたりすると、胸やけを感じますが、主な原因は暴飲暴食によるものです。

「胸やけ」がなかなか治らないときは「逆流性食道炎だけでなく、狭心症や胆石症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などでも起きます。また「胸やけ」をきっかけにして癌が見つかることもあります。

「もしかしたら深刻な病気かもしれない」と思い悩まず、わたしたちにご相談ください。
病気を気にしているとストレスから「胸やけ」がかえって悪くなることもあります。心配していても病気は治りません。当院の人間ドックの検査を受診して、病気も心配も吹き飛ばしてみませんか?

「胸やけがする」で考えられる病名、引き起こす病名

胃炎、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん など。

おすすめの検査項目・人間ドック

経鼻内視鏡検査

がん(癌)ドックコースでは経鼻内視鏡検査によって、胃・食道・十二指腸のがんを含む検査が可能です。
当院では嘔吐反射のない経鼻内視鏡を導入しています。嘔吐反射は下の根元である舌根を通ると起こる現象ですが、経鼻内視鏡はその舌根を通らないため、嘔吐反射が起こりにくくなっています。
経鼻内視鏡のスコープは従来の胃内視鏡の約半分の径(5.9mm)なので、鼻腔から挿入する事が可能です。よって検査中、口が塞がらないために医師との会話が可能となります。検査中いつでも医師に思いを伝えられるという安心感があります。

胃・食道がんドック 3大がんドック 全身がんドック 症状一覧に戻る

人間ドックコースのご案内

人間ドックコースのご案内

八王子クリニックでは、日々健康な毎日を送っていただくために、各病気それぞれに最適の検査を行う人間ドックの各コースをご用意しております。前兆や不安のある方は、お気軽にお問い合わせください。当院の経験豊かな人間ドック専門スタッフが誠心誠意ご対応致します。

がんドックコース 脳・心・肺ドックコース 全身ドックコース レディースドックコース 心臓ドックコース 脳ドックコース