痛みが少ない「日帰り手術」

午前中の手術の場合、朝8時頃にご来院いただきます。着替えをして麻酔の準備に20分ほど、手術そのものは15~30分ほどで終わります。手術後は3~4時間ほど、別に設けた個室で休んでいただき、12~13時頃にはご帰宅いただけます。また午後の場合は、12時半頃にご来院いただき、17~18時頃帰宅、というスケジュールになります。

午前の手術
7:50 来院
準備
(着替え、麻酔準備)
手術
休憩
(個室で3〜4時間程お休み頂きます)
12:00-13:00 帰宅

午後の手術
12:20 来院
準備
(着替え、麻酔準備)
手術
休憩
(個室で3〜4時間程お休み頂きます)
17:00-18:00 帰宅

なお、手術は「仙骨硬膜外麻酔」で行ないます。女性の無痛分娩にも使われている安全な麻酔です。このためお尻の周りだけに効き、意識がなくなったり、歩けなくなるようなことはありませんのでご安心ください。

手術は月・水・木・金・土・日に行なっております。(火・祝日を除く)当院では土曜日・日曜日にも手術を行っていますので、お仕事のためになかなか病院に来ることのできない方でもお休みをとらずに手術を受けることが可能です。

術後は24時間365日医師に相談可能です

たとえどんな名医が正確に手術を施行しても、500~1000人にひとりの確率で合併症は起こります。最も恐い合併症は出血です。手術後1~2週間の間に起こる「後期(晩期)出血」と言われるものです。日帰り手術に限らず、入院の手術をしたとしても退院後に起こりうるものです。これは痔核根治手術(結紮(けっさつ)切除術)における最大の合併症です。

予防するには2週間以上のベッド上安静が必要なのですが、ただしこれは現実的ではありません。当院では日帰り手術を行う医療者の「義務」と心得まして、手術後は24時間365日、いつでも医師に相談ができて、緊急時には直接対応するようにしております。